オンラインカジノ監査機関「e-COGRA(イーコグラ)」について

監査機関「e-COGRA(イーコグラ)」とは

TSTと同等レベルでかなり有名な機関にe-COGRA(イーコグラ)があります。

その他にも監査機関がいくつかありますがこの「e-COGRA(イーコグラ)」「TST」は特に監査機関の中でもかなり厳しい審査になっていますのでこの2つがもっとも信用の高い監査機関と言ってもいいと思います。

オンラインカジノが不正なプログラムを使い、顧客が絶対勝てないように遠隔操作等を行っていないかをイーコグラでは監視しています。

イーコグラでは安全で公平なギャンブルが各カジノサイトで提供できているかを常に監視しているのです。

ノースちゃん
TSTとこのイーコグラは本当に厳しい審査となっているからこの監査を受けているサイトはかなり信用できるね♪e-COGRA(イーコグラ)の記事もありますのでそっちもチェックしてね♪

サウス師匠
この2つの審査や監査を通っていないカジノサイトもいくつかありますが、私たちの使っているサイトはTSTもイーコグラも両方の監査を受けて運営しているのでかなり安心できますよ。

e-COGRA(イーコグラ)の歴史

「e-COGRA(イーコグラ)」が作られた(設立)されたのが2003年です。

それまではオンラインカジノでギャンブルを楽しんでいる中でプレイヤーとカジノサイト側でトラブルが起こっても対処することができませんでした。

せっかく勝利したのにトラブルがあっても勝利金を引き出せないプレイヤーは泣き寝入りしないといけない事も多々あったそうです。

オンラインカジノは海外にサイトがあるため問題が起こっても近所のパチンコ屋さんのようにすぐに行けるような距離にないので大変です。

でもこの「e-COGRA(イーコグラ)」ができたことによって多くのオンラインカジノプレイヤーが安心してカジノサイトで遊べるようになりました。

ノースちゃん
せっかく勝ったのに出金が出来なくて泣き寝入りとか絶対に嫌だもんね。今はオンラインカジノの環境がきちっとそろっているからかなり安心して遊べるね

サウス師匠
さすがに不正や出金できないとなると絶対に勝てなくなるのでこういう監査機関は本当にありがたいと思います。

e-COGRA(イーコグラ)の厳しい審査標準

e-COGRA(イーコグラ)では厳しい審査基準が設けられています。その項目は多岐にわたります。

現実のカジノもそうですが最も多いと言われているのが「ディーラーと顧客とのイカサマ」です。

ここでe-COGRA(イーコグラ)が審査対象としている項目一覧です。

e-COGRA(イーコグラ)審査対象項目
  • 勝利金の支払いが確実にされているか
  • 顧客の個人情報をしっかり管理しているかどうか
  • ゲームソフトに不正なプログラムや動きがないか
  • サーバーに負荷がかかるような無理な運営をしていないか
  • アルゴリズムや乱数組成機が正確に動作されているか
  • トラブルの対象をきちんと行っているか
  • ディーラーが真面目に働いているかどうか
  • 健全なカジノサイトの運営に力をいれているかどうか

このようにかなり審査内容が細かくてさらに厳しい審査を行うのが「e-COGRA(イーコグラ)」です。

今までにこの「e-COGRA(イーコグラ)」の審査基準を一発で満たし合格したオンラインカジノサイトは全くないと言われておりかなり厳しい審査のようです。

ノースちゃん
うわ~すごい審査基準だね。これは厳しすぎるけどこれの審査の基準をクリアしているカジノサイトはすごいんだね♪

サウス師匠
でもこれぐらいの審査基準をクリアしているとプレイヤー側もかなり信用して遊べるので嬉しいですね。

審査後も常にe-COGRA(イーコグラ)はカジノ側を管理

「e-COGRA(イーコグラ)」の審査をクリアしてもそのあとも「e-COGRA(イーコグラ)」の監査があります。

フォローアップレビューと呼ばれる定期的な監査を受けて合格しなければオンラインカジノギャンブルサイトを運営できないようになっています。

監査基準や審査対象となる項目が増えることもあり常にユーザー目線でカジノサイトのイカサマを見張り続けてくれているのが「e-COGRA(イーコグラ)」で強い味方でもあります。

e-COGRA(イーコグラ)が「しっかり監査してカジノサイトを見張っている」といっても実際にプレイして現実のお金を入出金し、確実に安全にカジノゲームを楽しめるかどうかが最も重要です。

ノースちゃん
記事をよんでも不安が残る人もいるかもしれないから、その場合は実際に少額の入出金をやってみると安全かどうかわかるよ♪

サウス師匠
私たちの紹介しているサイトはこの入出金も当たり前のようにでき、スピーディーな対応をしてくれているので確認しなくても大丈夫ですよ。

日本のパチンコに例えるとどういう風になるのか

日本のパチンコとスロットも同じように、監査官庁として保安通信協会が遊技機の仕様が適正であるかどうかを調べる試験を行っています。

試験に通過したパチスロ台を実際にホールにおいて様かどうかの判断または検定を各都道府県の公安委員会が行っています。

また、店舗営業の許可を与えたりするなどパチンコの運営にも外部の監査機関が携わっています。

オンラインカジノもこれと全く同じなのです。日本にいるとパチンコやスロットあとは競馬、競艇、競輪などしか楽しめません。

時代は変わりインターネットでオンラインカジノのゲームを日本からでも安心して楽しむためにも、その運営の実態を深く理解することは大切なことです。

ただこれは少し話が逸れてしまいますが、パチンコのお話が少しでたので簡単に説明します。

カジノとパチンコは同じギャンブルのくくりで言うと一緒なのですが、ギャンブルには「控除率」と言うものがあり、ハウスエッジ(還元率的なもの)も日本のパチンコよりもはるかによくなっています。

ノースちゃん
ハウスエッジのことも簡単に書きましたが詳しく解説している記事を載せておきますのでぜひ確認してみてね♪

サウス師匠
この記事の後半の方に「ギャンブルの還元率」の表を載せていますので確認のために除いてみてくださいね。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事