オンラインカジノにかかる税金について

オンラインカジノにかかる税金について

オンラインカジノの法律性や違法性は過去に記事にしていましたが(違法性はないか?の記事はこちらから)もうひとつ気を付けなければいけないのが「税金」です。

今回はオンラインカジノにかかる税金のことや、確定申告の際の課税金額の算出方法、必要な書類などについて解説します。

ノースちゃん
オンラインカジノで勝てるようになったら次はその勝った金額を出金したいと思うけど、実際出金するにあたってお金が手に入るわけだから「税金」とかって大丈夫かな?って疑問に思うよね。

サウス師匠
なので私たちがオンラインカジノにおける「税金」について詳しく解説していきます。かなり大切なことなので最後までよんでいただけると幸いです。

オンラインカジノは税金がかかるのか?

意外に思われるかもしれませんが、オンラインカジノで稼いだお金には税金がかかります

ギャンブルで稼いだお金は法律的に「一時所得」としてみなされ、課税対象になるのです。

ここで「一時所得」とはいったいどんなものなのかを見てみましょう。

一時所得とは?
  1. 懸賞や福引きの賞金品、競馬や競輪の払戻金
  2. 生命保険の一時金や損害保険の満期返戻金など
  3. 法人から贈与された金品(社内行事の景品など)
  4. 遺失物拾得者や埋蔵物発見者の受ける報労金など

オンラインカジノで稼いだお金はこの中の1番の「懸賞や福引きの賞金品、競馬や競輪の払戻金」にあたるため、課税対象となるというわけです。

ここでギャンブルにちょっとでも詳しい方でしたら、「パチンコや競馬で税金を払ったことがない」と思られたのではないでしょうか。

日本国内でできるギャンブルで競馬やパチンコ、宝くじなどに税金のイメージはありませんよね。

そして実際に税金を払っている方もいないと思います。

ではなぜオンラインカジノは税金がかかってしまうのか説明しますね。

オンラインカジノがなぜ税金かかってしまうのか

実はオンラインカジノにだけ税金がかかっているわけではありません。

競馬やパチンコなどにも本来なら税金を支払わなければならないのです。

にもかかわらず競馬やパチンコのお金に「脱税」などのニュースや記事は見たり聞いたりしたことがありません。

その理由は「勝金の受け取り方」にあります。

主にパチンコや競馬は

  • 銀行を経由せずに直接現金を本人に支払う

ので実際に銀行に記録などは一切残りません。そうなるとお金の流れを税務署側が把握できていないため取り締まりが難しくなり大目に見られていることが現状です。

一方オンラインカジノの場合は、

  • 勝金の支払いを銀行経由で支払う

ので銀行振込や小切手など、記録に残る方法に限られています。

税務署側がお金の流れを容易に把握できますので「納税」しなければ追及されてしまいます。

なのでオンラインカジノで勝金を出金したい場合はしっかりと「納税」しましょう。

ノースちゃん
納税は日本の義務なのでここをおろそかにしていると捕まっちゃうこともありえるからしっかりと理解して学ぶんだよ♪

サウス師匠
では次は納税の仕方について詳しく書いていきますね。

納税や確定申告について

納税といっても自分で実際に納税をしている人はなかなかいないと思います。

基本は会社や企業側がしてくれるものなので税金関係の処理の仕方などは知らない人の方が多いと思いますが、オンラインカジノの勝金はプレイヤー個人の収入ですので自分自身で「確定申告」を行い「納税」する必要があります。

ノースちゃん
自分自身で確定申告を行い納税するという流れは難しいことかと思いますがしっかりと説明しますので安心してください♪

サウス師匠
では最初に税金にかかる時期や申告時期などを説明していきます。

税金にかかる時期や申告時期について

そもそも税金とは、

  • その年の1月1日~12月31日まで稼いだお金が対象

となっております。

そして翌年の

  • 「2月16日~3月15日」

の間に確定申告をします。

たとえば、2019年の4月にオンラインカジノを始めた方は、2019年の12月31日までの収入を2020年の2月16日から3月15日の間に確定申告しますので、2020年に入ってからの収入は含みませんので注意してください!

自分で申告すると億劫で先延ばしにしてしまうこともあるかと思いますが、早めに行くことをかなりオススメしています。

なぜならこの時期の税務署は信じられないくらい激混みなのです。

みんな面倒くさかったり忙しかったりで先延ばしにしてしまうのか、中でも「確定申告時期の最終週」が特に込み合います。

早く済ませたいという方は2月16日からの最初の週に集中しますので、2月下旬から3月初旬あたりに行っておくといいでしょう。

また午前中は特に混みやすいので15時すぎくらいが良いかもしれません。

ノースちゃん
みんな考えが一緒で締め切りギリギリにいくとかなり混雑していて何時間も待ち続けることとかあるから前もって早めに税務署に行くことをオススメするよ♪

サウス師匠
では実際に税務署にいくのはわかったとして、何が必要なのかわからないと思いますので必要な書類などをまとめますね。

確定申告に必要な書類など

実際に確定申告を行う時に、必要となる書類はいかになります。

確定申告に必要な書類
  • 源泉徴収票(企業勤めの場合、年末年始ごろに企業から受け取る)
  • 支払調書(年末年始ごろに、オンラインカジノ側から受け取る)
  • 経費の領収書(所得の300万円以下の場合は不要)

「支払調書」に関してはオンラインカジノに直接問い合わせて受け取るか、自身で収支明細をプリントアウトする、自分でつけた帳簿などでも大丈夫な場合があります。

書類を用意した後は、普通に確定申告を行うだけです。

初めての方は難しく感じるかもしれませんが、わからないことがあっても税務署側の方に直接聞けば確実に書類の方法を聞けますので、素直に聞くことも大切ですね。

ノースちゃん
かなり難しいし知らない言葉がいっぱい出てくると思いますが、実際はそこまで難しいことではないし、税務署の方に聞いたらすべて答えてくれるから書類さえあれば大丈夫♪

サウス師匠
ただし、企業や会社勤めの方は「会社にオンラインカジノやっていることがバレるのではないか」と思ったりしませんか?大丈夫です。しっかりと会社に見つからないやり方もありますのでそちらも説明させていただきますね。

オンラインカジノで稼いだお金が会社にバレないようにする方法

会社に勤めているプレイヤーの方は、確定申告をすると「オンラインカジノで稼いだお金がバレるのでは?」と不安になってしまうのではないでしょうか?。

そんな方達が気を付けておきたい点が確定申告の2面にある

  • 「給与所得者がその他の所得にかかる住民税の徴収方法」という欄にある「自分で納付(普通徴収)にチェックを入れるということです。

ここにチェックを入れないでいるとお勤め先の会社に届いてしまうのでしっかりと確認しチェックしましょう。

ここにチェックをいれておけば住民税徴収票が自宅に届くようになります。

副業禁止など企業によっては厳しい所も多いのでバレると問題になったりします。

そうでなくても会社に届いてしまうと「その他の所得って何で稼いだの?」と聞かれたりして困ってしまうのは自分自身なので聞かれないようにチェックしておきましょう。

企業にお勤めの方は必ずチェックをするようにしましょう。

サウス師匠
税金対策も確定申告もしていると不安要素がなくなりオンラインカジノに集中できますのでこういう見えないところもしっかりとしておきましょう。

ノースちゃん
以上がオンラインカジノに税金はかかるの?でした♪ここまで難しい言葉が多かったと思いますが、最後まで読むと理解できるように記事を書いたからしっかり読んでね♪

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事