リスクを抑えて大きく勝つパーレー法!

ノースちゃん
ここではパーレイ法を記事にまとめてもらったから書いていくね♪

サウス師匠
ではみなさんが思っているパーレイ法とは?について書いていきます。最後までよろしくお願いします。

パーレー法って何?

パーレイ法は「逆マーチンゲール法」とも呼ばれています。

マーチンゲール法が負けた時にベット額を倍にしていくのに対して、パーレイ法は勝った時にベット額を倍にしていきます。

パーレイ法は勝率が50%で配当が2倍のゲームに使える攻略法で、バカラやブラックジャックでも用いられています。

パーレイ法の特徴としては、連勝することができれば大金をゲットできるという特徴があります。
勝った時にベット額を倍にするということは、今までの勝ち金を全てベットしていくということになります。

勝てば勝つほどベット額が大きくなり、儲けも大きくなるものの、1度でも負けてしまうと勝っていた分をすべて失くすことになります。

パーレイ法を成功させるポイントは連勝することができるかどうかということと、一旦利益を確定する連勝回数を何回に設定するかという点です。

パーレー法の特徴

『パーレー法』は連勝した時に、より大きな利益を得られるシステムベットです。
この方法が有効なゲームは

  • 勝率約50%、払戻し倍率2倍のゲーム

代表的なもので言えば【ブラックジャック】【ルーレットの「赤/黒」「偶数/奇数」】【シックボーの大小】、そして【バカラ】等が該当します。

パーレイ法を使った遊び方

パーレイ法のやり方はとても簡単です。

では実際に1$からスタートした場合のゲームの流れを見ていきましょう。

ルーレットで『黒』にベットし続けることを想定します。

この場合、勝率が50%で配当は2倍です。

まずは『黒』に「1$」ベットします。


この勝負に勝った場合は、2$が払い戻され、「1$」が儲けです。

前の勝負に勝ったので次は『黒』に倍の「2$」ベットします。


この勝負に勝った場合は、4$が払い戻され、「3$」が儲けです。

次は『黒』に倍の「4$」ベットします。


この勝負に勝った場合は、8$が払い戻され、「7$」が儲けです。

次は『黒』に倍の「8$」ベットします。


この勝負に勝った場合は、16$が払い戻され、「15$」が儲けとなります。

このように連勝が続くと儲けはどんどんと大きくなりますね。
ですが、この方法を続けるといつかは負けるときが来ます。
次の勝負で負けた場合はどうなるでしょうか。
次の勝負では前回のベット額の倍である「16$」をベットします。

ここで負けると今まで出ていた儲けがなくなり、「-1$」となります。

ノースちゃん
一回の負けで今までの積み上げけてきたものが一瞬でなくなるのはかなりつらいよね。

連勝が続けば大金をゲットできる!しかし・・・

例えば、1ドルの賭け金から始まり10連勝した場合、どれくらい儲けが出るでしょうか?なんと、1023$にもなります。
勝ち金だけで考えると。

  • 1回目勝った場合、2回目勝った場合……
  • 10回勝った場合をみると、1$、3$、7$、15$、31$、63$、127$、255$、512$、1023$となります。

1$で始めた勝負がたった10回の勝負で1,000$を獲得できるのですから、一攫千金の大技だとも言えます。

ですが、パーレイ法には大きな問題・弱点が存在しています。

ノースちゃん
こうみると本当に一攫千金の手法とも言えるよね♪

サウス師匠
でもそんな簡単にずっと連勝が続くこともないからこのあとに記事にしてますが弱点があります。

パーレイ法の問題・弱点・やめ時

運が良ければ勝ち続けることはできるかもしれませんが、ほとんどの場合、いつかは負けてしまいます。

パーレイ法を成功させるために必要なのは、「どこでパーレイ法を止めるか?」ということです。
ある程度、自分の中で『○回連勝したらパーレイ法を一旦止めて利益を確定する』と決めておくのが良いでしょう。

また場の空気を読んで負けそうであれば早めに逃げると言うこともできるでしょう。

ある意味、ツキや場の流れといったものに相当依存するベッティングシステムであると言えますね。

例えばブラックジャックで良いカードの流れの時やバカラで良いシューにたまたま遭遇できた時にはパーレイ法を使って勝ち金を大きく増やせるかもしれません。

事実ブラックジャックではプレイヤーに有利なカードの流れといったものが存在します。

だいたいの目安としては「3連勝~4連勝」くらいを目安にして利益を確定していくことが多いようです。

それ以上の連勝も起こることがあるのですが、シミュレーションでいくと「3連勝前後」が多いのでここがやめ時と判断しても大丈夫です。

サウス師匠
こいういうことなんです。パーレイ法は勝ち続けると大きく収支を伸ばせるのですが、1回の負けですべてなくなるので気を付けてください。

ノースちゃん
ギャンブルの心得の記事でも言っていた通りに「~連勝したらやめる」っていうやめ時や自分ルールがものすごく大切になってくる手法ですね♪

連勝できる確率を計算してみよう

バカラやブラックジャックなど、勝率が50%のゲームでどれ位の確率で連勝できるのか簡単に計算してみましょう。

勝率50%のゲームでの連勝率
  • 1回勝つ場合は50%
  • 2連勝25%
  • 3連勝12.5%
  • 4連勝6.25%
  • 5連勝3.13%
  • 6連勝1.56%
  • 7連勝0.78%
  • 8連勝0.39%
  • 9連勝0.20%
  • 10連勝0.10

つまり、10連勝する確率は1000回に1回ということになります。

実際、確率に関してはもっと複雑で、ルーレットの赤or黒、奇数or偶数といった前のゲームに影響されない『独立事象』のゲームではなく、ブラックジャックやバカラなどカードの出方やシューに残っているカードによって勝負の確率が変わるものもあります。

どちらにしても、あくまでも「確率」であり、絶対の指標にならないことはしっかりと理解しておいてくださいね。

ノースちゃん
とても10連勝とかはできない数値になってるね。

サウス師匠
3連勝以降は1桁の数字なっているの現実的には良くて3連勝まででしょう。

負けた時も勝ち金を残す「半パーレイ法」とは?

パーレイ法の派生として、勝ち金の半分だけを賭けるという手法もあります。

半パーレイ法
  • まず、1ドルを掛けます。
  • 勝った場合、1ドルの半分と元金である1ドルの1.5ドルを賭けます。
  • さらに勝った場合賞金の1.5ドルの半分0.75ドルと元金の1.5ドルをあわせた2.25ドルを掛けていきます。

このやり方の場合、仮に10連続すると勝ち金は113ドルとなります。

通常のパーレイ法と比べ、桁違いに稼げません。

しかし、この手法では連勝中負けても賞金が0にはならないので、負けたとしてもコツコツと利益を重ねていくことができます。

どちらにしても「何連勝で止めるか」というやめ時は重要なので、事前に決めておくようにしましょう。

ノースちゃん
一攫千金を狙っている人には向いてないけどかなり現実的な手法だね♪ただこの手法はここぞって時に使うから常に使える手法とはちょっと違うので注意しようね♪

パーレイ法(逆マーチンゲール法)のまとめ

パーレイ法は「連勝できるか」という点に賭けて、大金を狙う攻略法です。

元金が少なくても、うまくいけば運次第では稼ぐことができる夢のある攻略法。

ただ、ひたすら勝つたびにベット額を増やしていくのではなく、「●連勝したらパーレイ法をやめる」という戦略も大事です。

バカラ、ブラックジャック、ルーレットなどゲームによって戦略を変えて活用すれば、勝ちパターンを見つけることができるかも?。

以上がパーレイ法の解説でした。
今回解説したパーレイ法やマーチンゲール法に関しては、やり方が簡単なのですぐに試すことができますね。

攻略法の中には数列をメモしていきながらベット額を決める複雑なやり方もあります。 「カジノを破産させた攻略法」と呼び声の高い「モンテカルロ法」などがそれにあたります。

サウス師匠
テーブルの流れ、カードデッキの入れ替えや50%以上の勝率が見込めるときに使うとかなりの効果を発揮する手法でしたね。

ノースちゃん
実際にノースちゃんはこの手法で元金を倍にしたこともあるからぜひ状況を見極めて使ってみてね♪

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事