初心者向けの仮想通貨(暗号通貨)入門

ノースちゃん
いろんな記事に出てきたと思うけど、実際のところ「仮想通貨」ってなに?ってなっている人が多いと思うから師匠に記事まとめてもらったのでみんな読んでみてね♪

サウス師匠
では詳しく仮想通貨について深く解説していきますのでみなさん最後までよろしくお願いします。

仮想通貨とは

仮想通貨は一般的にはネットワーク上で電子的な決済の手段として広く流通しているが法定通貨との比較において強制通用力を持たない、または特定の国家による裏付けのないものをいう。

ただし後述のように定義や分類は必ずしも一様ではなく複数存在する。

仮想通貨といわゆるネットクーポンや電子マネー等とは決済の限定性や、「限定的な流通制」「汎用性」で区別される。

ただし「デジタル通貨」と同様の意味でこれらを包含した用法とする場合もある。

仮想通貨と暗号通貨は同じ意味


暗号通貨とはその名の通り暗号技術によってセキュリティが確保された通貨のことを言います。

暗号技術と言うととても難しそうですが電子署名やブロックチェーンといえば聞いたことのある方も多いでしょう。

暗号通貨はもっと簡単に言えばインターネット上で使える通貨のことです!。

実は、暗号通貨と仮想通貨は全く同じ意味です!。

暗号通貨(仮想通貨)のメリット
  • お金を送るのが簡単になる。
  •  運営者がいらない。
  •  絶対に不正ができない。
  •  銀行を通さずスピード送金。
  •  少額投資ができる。
  •  いつでも取引できる。
  •  市場としての将来性がある。

暗号通貨を使うとお金を送るのが簡単になります。

特にこれが効果を発揮するのはお金を海外に送るとき現状ではお金を海外に送ろうとすると時間もかかる上に手数料も取られます。

ノースちゃん
国内から海外、海外から国内への送金で手間もかからず手数料も高くないのが仮想通貨と法定通貨の違いだね♪

しかも暗号通貨を使うと地球の裏側の人にも一瞬で簡単にお金を送れるようになるのです。

日本にいるとあまり実感がわかないかもしれませんが世界中には「信用の問題で銀行が口座を作ってくれない」という人もたくさんいます。

そういう人が海外に出稼ぎに行って稼いだお金を自分の国に送る場合、銀行が使えないので、銀行以外の本当に届くか保証もないような手段で送金するしかないのが現状です。

暗号通貨はそんな世界のありかたを一変させる可能性を持っています。

サウス師匠
こういう条件があり国内の銀行が使えない方なども仮想通貨を使うと安心して送金や入金をできるのでオススメですよ。

運営者がいらない

暗号通貨はなんと運営者がいらないのです。

ここが暗号通貨と法定通貨の最大の違いです。

一般的に「法定通貨は中央集権で、暗号通貨は非中央集権」だともいわれています。

運営者がいらない暗号通貨の代表がビットコインです。

ノースちゃ
これも大きな違いだね♪運営者は簡単にいうと銀行みたいなもので法定通貨は銀行経由で送金されたりするのが仮想通貨(暗号通貨)は個人間でやりとりできるので便利なことが多いよ~♪

絶対に不正ができない!

「運営者がいないならデータをハッキングして自分が持ってるお金を増やすような好き勝手する悪い人も出てくるのでは?」と心配する人もいるでしょう。

しかし暗号通貨は人々が互いに互いを監視する仕組みになっているので絶対に不正ができません。これは暗号通貨の根幹にブロックチェーンという革新的な技術を用いているからです。

ノースちゃん
この不安ってみんなもあるよね。初心者の方とかは特に思ったと思うけどそんな心配はしなくても大丈夫だよ♪

銀行を通さず、スピード送金

スピーディーに送金できるのも、仮想通貨のメリットです。

相手が個人でも企業でも、送金先の情報を送ってもらい、取引所を介して送金額を入力するだけで、相手先に送金ができます。

銀行振込の場合、時間帯によっては翌日の着金になることがありますが、仮想通貨は相手先に直接送金するため、例えばビットコイン(BTC)の場合は、数十分で送ることができます。

少額から投資できる

仮想通貨は、需要と供給のバランスによって常に市場価値が変動しているため、投資対象にもなっています。

さまざまな仮想通貨がいくつもの取引所で売買されていますが、その多くは最低取引価格が低く、数百円から投資することができます。

いつでも取引できる

証券取引所での株式などの取引は、基本的に平日昼間だけしかできません。外国為替証拠金の取引も日曜は休みというのが一般的です。

ところが仮想通貨の取引は「24時間365日」休むことなく取引ができます。平日は仕事に行き、夜だけ取引をしたり、あるいは週末を取引の時間にあてたりという投資の仕方も、仮想通貨なら可能です。

ノースちゃん
これなんだよね~♪やっぱ24時間対応は安心できるからね♪

市場としての将来性がある

認知度が高まってきたとはいえ、日本で仮想通貨はまだまだ一般に普及しているとはいえません。
その可能性にいち早く気付いた人だけが扱い、投資対象としているのが現状です。しかし、数々のメリットを持つ仮想通貨には、非常に高い将来性があります。

すでに、2016年には仮想通貨に関する法整備がなされ、2017年には資金決済法(資金決済に関する法律)が改正され、仮想通貨法(第三章の二 仮想通貨)が追加されました。

仮想通貨が決済手段として認められ、各種電子マネーのように、多くの人がごく当たり前に使う時代が遠からずやって来るでしょう。そうした将来性の高さも、仮想通貨の大きなメリットです。

だからこそ、今のうちに仮想通貨を理解し、送金や決済、投資などの形で使ってみて、仮想通貨がどういうものかを理解しておくことが重要なのです。

仮想通貨(暗号通貨)のデメリット
  • インターネット上でハッキングされる危険性がある
  • 価格変動が激しく投資で大損する可能性がある
  • まだ日常での少額決済には向いていない
  • 法律の規制

ノースちゃん
じゃあ上で紹介した4つのデメリットを詳しく紹介していくね♪

インターネット上でハッキングされる危険性がある

暗号通貨はインターネット上の通貨なのでサイバー攻撃を受けることがあります。

2018年に入ってから国内の取引所がハッキングを受け暗号通貨を盗まれてしまうという事件が2回起こりました。

これを聞いて「暗号通貨は危ない!」と思う方も多いと思いますが、決して暗号通貨自体に問題があるわけではありません。

取引所は本来、暗号通貨を厳重に保管しておく必要があるのに、セキュリティ対策を怠った結果起こってしまったものです。

過去のハッキング事件を教訓にして、各取引所がセキュリティ対策を強化しているので、今後は安心かと思います。

ノースちゃん
一瞬やっぱり安全性がないのかなと思いますがこれは取引所側のセキュリティの甘さが原因なので仮想通貨自体に問題があるわけではないです♪

サウス師匠
これを機に取引所のセキュリティは比べ物のならないぐらい強化されていますので今は安心して取引所をつかって仮想通貨の売買ができます。

価格変動が激しく投資で大損する可能性がある

現状では暗号通貨の価格変動が非常に激しいです。

値動きの大きな株でも1日の値動きは2~3%程度ですが、暗号通貨は1日に10%の値動きをすることもあります。

もしも暗号通貨を保有している場合、もしも価格が上がった際は大きな利益を得ることができますが、逆に価格が下がったときは大きな損をしてしまうことになります。

リスクはありますがその分大儲けできる可能性もある、まさにハイリスク・ハイリターン型の投資方法と言えるでしょう!

ノースちゃん
仮想通貨の面白いところでもあり怖いところでもあるよね♪でもこの変動幅があるから大きな利益を生むことが出来るんだよ♪

サウス師匠
持っていた仮想通貨がもし下がった時はむしろ購入のチャンスにもなります。下がっている状態で更に購入し価格が元通りになると安く仕入れて価値があがるのでこういう見方もできます。

まだ日常での少額決済には向いていない

暗号通貨は日常の少額決済(マイクロペイメント)には向いていません。

1回の送金に1000円ほどの手数料がかかる現状では、海外に送金するといった場面では手数料が安いと言えますが自動販売機などでジュースを1本買うのにも手数料が1000円かかってしまったら不便ですよね。

ですので現状ではまだ日常決済には向いていないと言わざるを得ません。

今後技術開発が進んで暗号通貨による決済の手数料がもっと安くなれば、日常での決済に使われていくかもしれません。

ノースちゃん
上記のようなパターンではまだ法定通貨の方が便利で実際の小さな買い物などで手数料など取られるパターンもあるから臨機応変に使うのがベストだね♪

法律による規制

仮想通貨は従来の貨幣の在り方とは大きく異なる存在です。

そのため仮想通貨をどのように扱うかは国によってさまざまです。

しかし、世界的に見ると仮想通貨に対する国家の目はきびしく、2018年3月のG20財務大臣・中央銀行総裁会議において、仮想通貨の動向に対しては「監視を求めること」という結論が出されています。

また2017年まで仮想通貨の取引量が世界トップだった中国では2017年9月に政府により仮想通貨の取引が強く制限されるようになりました。

暗号資産(仮想通貨)とは

暗号資産(仮想通貨)の大きな特徴は以下の3点であるといえます。

  • 「特定の国家による価値の保証を持たない資産(通貨)」
  • 「暗号化されたデジタル資産(通貨)」
  • 「特定の国家による価値の保証を持たない資産(通貨)」

日本円やドルなどのように国がその価値を保証している通貨を「法定通貨」といい、紙幣や貨幣等目に見える形で存在するのが一般的です。

日本では、日本銀行が発行する日本銀行券(紙幣)および造幣局が製造し政府が発行する貨幣(硬貨)のみが法定通貨となっており、利用面でも日常の買い物や商取引の決済や賃金などの支払いにおいて、受取を拒否できない強制力が法的に認められています。

一方、暗号資産(仮想通貨)は特定の国家などによって一定の価値が裏付けられているものではなく、インターネット上でやりとりされる「交換するための媒体」「電子データ」に過ぎません(物理的な実体もありません)。

しかし暗号資産(仮想通貨)は日本円やドルなどの法定通貨で行うほぼ全てのこと(交換、決済、送付(送金)、融資等)ができます。

また法定通貨とも交換できることが暗号資産(仮想通貨)の経済的価値の土台となっていると考えられます。

暗号化されたデジタル資産(通貨)

暗号資産(仮想通貨)が資産(通貨)として認識されつつある背景として、暗号化技術があります。

公開鍵暗号、ハッシュ関数等の暗号化技術により、暗号資産(仮想通貨)の偽造や二重払いといった基本的な問題を回避できるように設計されています。

また、暗号化技術をブロックチェーンに適用することでデータの真正性も担保しています。

このような技術により暗号資産(仮想通貨)の価値移転を安全に行うことが可能となっているのです。

ちなみに、安全性を確保するために暗号化技術が使われていることから、米国などでは暗号資産(仮想通貨)を「暗号通貨(クリプトカレンシー:cryptocurrency)」と呼んでいます。

日本における暗号資産(仮想通貨)の定義

日本では、2017年4月に施行された改正資金決済法により、「仮想通貨」の法的な定義が明確となり、円など各国通貨との売買に関するルールが定められました。

「資金決済に関する法律(資金決済法)」第二条5
  1. 物品を購入し、若しくは借り受け、又は役務の提供を受ける場合に、これらの代価の弁済のために不特定の者に対して使用することができ、かつ、不特定の者を相手方として購入及び売却を行うことができる財産的価値(電子機器その他の物に電子的方法により記録されているものに限り、本邦通貨及び外国通貨並びに通貨建資産を除く。次号において同じ。)であって、電子情報処理組織を用いて移転することができるもの
  2. 不特定の者を相手方として前号に掲げるものと相互に交換を行うことができる財産的価値であって、電子情報処理組織を用いて移転することができるもの

サウス師匠
以上で仮想通貨(暗号通貨)の詳しい記事を終わります。内容が多く読むのにかなり大変かと思いますがそれほど大切なことなので最後まで読んでみてください。

ノースちゃん
師匠がわかりやすくまとめてくれてるからこれ読んだら仮想通貨を知れるいい記事になってるからみんなも参考にしてね♪

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事