バカラについて「基礎初心者編」♪

ノースちゃん
バカラって有名なゲームだから名前だけ知ってるって人も多いと思うんだ♪でもルールや具体的にどうやって遊ぶのかわからない人のためにノースちゃんと師匠で詳しく解説していくよ♪

サウス師匠
これからバカラを覚える人や軽く知っているから復習したいってに向けて詳しく解説していきますので最後まで読んでくださいね。

バカラとはどういうゲーム

数あるトランゲームの中でも「バカラ」は大人気のカードゲームです。

バカラは知名度の高い「ポーカー」「ブラックジャック」と肩を並べるほどの人気と知名度を持っています。

マカオなどのランドカジノでは、テーブルがほとんど「バカラ」というところもあるほどの大人気っぷりです。

なんでそんなに大人気かと言うと、

  • 複雑なルールがない
  • 運要素が他のカードゲームに比べて強い

と戦略的ゲームではなく、気軽に楽しめるゲームだから大人気なのです。

ただ戦略的なものがないとはいえ、ルールも知らずにやるのは間違いです。

なのでここでは運要素以外の大切なルールを詳しく解説していきます。

「ブラックジャック」「ポーカー」のように複雑な用語もないので安心してください。

ノースちゃん
バカラは覚えることが少ないから初心者のカードゲームに向いているんだよ♪ちょっと勉強するだけですぐ参加できるからみんなもぜひ覚えていってね♪

サウス師匠
私も初めてカードゲームするときは「複雑なルールなどを覚えていかなくては」と思っていましたが、バカラに関してはルールも簡単ですぐにプレーできるほどになりました。

バカラのルール

バカラとは「ディーラーに配られたトランプの合計値で勝負が決まる」ゲームです。

最終どうやって決着をつけるかと言うと、

  • 配られたカードの合計値が「9」に近いほうが勝利となります。

では具体的なルールを説明していきますね。

バカラのルール
  1. 「プレイヤー」「バンカー」とそれぞれの場所に「2枚」のカードが配られます。
  2. その2枚の合計値が「8」「9」だったらそのまま勝負です。
    (これをナチュラル8、ナチュラル9といいます。)
  3. もしくはプレイヤーとバンカーどちらも「6」「7」の場合もそのまま勝負です。
  4. 「プレイヤー」の2枚の合計値が「5」以下の場合はもう1枚プレイヤーに配ります。
    (バンカーにも3枚目が配られることがあります。条件は後で説明しますね。)
  5. その2枚(3枚)のカードの合計値の1桁目の数字が「9」に近いほうが勝利となります。

すごく簡単ですががこれがゲームの流れです。

ノースちゃん
基本的にはプレイヤーの方からカードを配りそのままバンカーに配るって感じだね♪

サウス師匠
そうだな。このバカラのルールをしっかりと頭に入れておくと基本的なことは理解できますよ。

全てのトランプ札を使いますが一部の数字で数え方が異なりますので基本情報として説明しておきますね。

バカラでのトランプの数え方
  • A~9は「Aは1」「2は2」「3は3」とそのままの数字で数えます。
  • 10~Kはそれぞれ「0」としてカウントします。

 

  • 例:2枚のカードが「5と7」この場合は合計が「12」となりますので1桁目の「2」になります。

では先ほどバカラのルールで書きました「条件」とはなになのか説明していきますね。

バカラで3枚目が配られる条件

バンカー側に「3枚目」が配られることがあり、それにはある条件があります。

その条件を分かりやすく解説していきますので先に画像をご覧ください。

3枚目が配られる条件

表のAはプレイヤーに3枚目が配られない場合
表のBはプレイヤーに3枚目が配られる場合

簡単に解説しますと、

  • バンカーの2枚の合計値に対して、プレイヤーの「3枚目」の数字によってはバンカーもさらに1枚追加で引けます。

ではここで例を出しますね。

  • バンカーの2枚の合計値「3」プレイヤーの2枚の合計値「4」とします。
  • この場合はプレイヤーは「3枚目」を引ける条件を満たしているので(上記のバカラルール書いてあります。)「3枚目」が引けます。
  • この時、プレイヤーの3枚目の数字によってバンカーは引けるか引けないかがわかります。
  • ここではプレイヤーの3枚目は「5」としておきます。

では表を見てください、

画像のようにバンカーの合計値が「3」でプレイヤーの3枚目の数字が「5」の場合

〇となっておりますのでバンカー側も3枚目を引けます。

ここでもしバンカーが「6」を引いた場合は「9」「9」で引き分け(タイ)となります。

ノースちゃん
なるほど♪プレイヤー側が引ける条件は分かるけどバンカーもたま~に3枚目引いてたのは謎だったからこれでスッキリしたー♪

サウス師匠
バンカー側が引ける条件がちょっとややこしいのは仕方がないな。ただこの記事の表を見てくれたらすぐに分かるので安心してこの表を見てくださいね。

ノースちゃん
じゃあプレイヤーの方が有利に思われそうだけど、ちゃんと公平ってことを証明するために「プレイヤー」「バンカー」の配当の違いについて説明していくね♪

賭ける場所によって変わる配当

バカラにおける賭け方は基本的に3つの賭ける場所があります。

それは以下の3つになります。

  • プレイヤー
  • バンカー
  • タイ

以上の3つに金額をベット(賭ける)することが出来ます。

タイとは
  • プレイヤーもバンカーも同じ数字で引き分けになった時に初めて配当が発生する

では皆さんが気になる賭け額に対しての配当倍率を詳しく書いていきますね。

賭け場所の配当情報

プレイヤーで的中の場合
  • 配当は掛け金の「2倍」
バンカーで的中の場合
  • 配当は掛け金の「1.95倍」
    バンカーはプレイヤーよりも少々勝率が高めなので手数料が取られます。
    そのため配当金が1.95倍とプレイヤーよりも低めです。
    ただ勝率はバンカーの方が若干高めなので損などはないです。
タイでの的中の場合
  • 配当は掛け金に対して脅威の「8倍」とかなり高い設定です。
    高配当でかなり魅力的ではあるものの、勝率がとても低いのでかなりの賭けになります。

ノースちゃん
なるほど~♪タイに8倍の配当があるのはすごく魅力的だよね♪

サウス師匠
タイ狙いはなかなかできることがないので積極的に狙えませんが、タイに少し保険で賭けておくと8倍なので少額の掛け金でもかなりの配当がもらえます。

ノースちゃん
タイの後にタイがくることってオンラインカジノで少し多くて、それを確認したくて「罫線(けいせん)」をみて確認したんだよ~♪

サウス師匠
ノースが言っていた「罫線(けいせん)」とはテーブルのカードデッキが切れるまでの経歴が載っている重要な表なので次はこちらの「罫線」を説明していきますね。

罫線(けいせん)とは

「オンラインカジノ」で「ポーカー」をしている時に右下に画像のような表を見たことはありませんか??

これを「罫線(けいせん)」と言いどういう役割をしているかと言うと、

罫線とは
  • バカラでの勝負の結果を記録して行く出目表の事を言います。
    オンラインカジノ(ライブカジノ)であれば基本的に罫線が予め用意されており自動的に記録してくれるようになっています。
    ただ結果を閲覧できると言うだけでなく次に打つ手を考える際の予想材料にして楽しめると言うのが罫線の大きな特徴です。

と簡単に言いますと

  • 「今までの勝敗(プレイヤー)(バンカー)の結果をまとめて書いていて、これで次にどちらに来るかなどの参考にも使える便利な表」

のことを言います。

ノースちゃん
オンラインカジノでは自動で記録してくれるのは楽で嬉しいね♪

サウス師匠
実際に記入しながらプレーは忙しいからこれはこれで安心してプレーに集中できます。

では簡単に罫線についている「〇の色」の違いについて説明しますね。

  • 赤で〇がされているのは「バンカー」が勝った時
  • 青で〇がされているのは「プレイヤー」が勝った時
  • もし〇の中に斜めの線が入っていたらそれは「タイ」です。

ノースちゃん
たま~に青とが赤が下にずっと伸びてるのを見かけるけど、その時はどっちかが勝ち続けているってことなんだね♪

サウス師匠
そうだな。罫線は最大下に「6個」まで行き、それ以上伸びたら右に伸びていくのも覚えておいた方がいいですよ。

サウス師匠
私が過去に一番伸びている罫線をスマホで撮影したものです。画質は悪いですが、このように罫線は底につくと途切れるまで右に進んでいきます。
デッキ交換の場合は途中でも1からになるのでリセットされます。
以上が罫線についてでした。
これを見て賭ける判断ができるようになるのはなかなか時間のかかることだと思いますのでじっくりと実際にプレーしてみて体で覚えていきましょう。

バカラまとめ

いかがでしたか?

このようにバカラは気軽にでき、覚えることも他のカードゲームに比べると少なくてすぐにプレーできるので非常にオススメのトランプゲームとなっております。

サウス師匠
「バカラは理解したけど、どのように賭けたり手法があるなら知りたい」と言う人がいらっしゃいましたらこのブログの記事にまとめておりますのでぜひそちらも確認してください。

ノースちゃん
ノースちゃんも師匠も使っている必勝法とは言い切れないけど、かなり勝率の上がる手法一覧なのでみんなもぜひ記事読んで実際に使ってみてね~♪
手法一覧記事

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事